フランス風懐石料理中華風: 2014-10

.

2014 10/19 第23回三国アシスト寄席

まだまだ体調が芳しくない中での2か月ぶりの落語&講談となりました。
それでもおもいっきり気晴らしになり、多少の無理をしても参加してよかったって思っています。
三国アシスト寄席も今回で23回目となり、本年最後の開演となりました。
秋晴れのせいか若干空席がありましたがそれでも、熱気のある会になりました。

旭堂南斗さん「有馬御難」
笑福亭仁嬌さん「まめだ」
桂枝女太さん「天災」
旭堂南左衛門さん「真柄のお秀」


「まめだ」は<特選!!米朝落語全集 第十四集> で何度も聴いた大好きなお噺。
私的にはこのお噺は落語ではなく、大阪ミナミの民話のようにおもえるようなすごく「しっとり」とした内容です。
悪戯子狸(まめだ)と大部屋役者の息子と膏薬売りの母が織りなす内容で、ふとしたことから、
傷を負った子狸が陰気な少年に化けて膏薬を買いにくるけれどその使い方がわからずに
ついに三津寺さんの境内で絶命。
その噂を聞いてすぐにお寺へ駆け付けた大部屋役者の息子と母とそして和尚さんの会話が
聞かせどころでホロっとさせるヤマ場のシーン。情感たっぷりな観の中に
さやさやと秋風にのって落ち葉がお線香を供えたばかりの菩提の前に集まってくる・・。

上方落語にはめずらしい秋のお噺でした。

2014 10 /2 卑怯者


弁護士事務所から連絡がありました。

私の愛車をめちゃくちゃにした上に、頸椎捻挫でいまだに苦しんでいる加害者に対する
対応が決まったとの事。
保険会社としては、加害者名義の財産は何もないことから動きようがないために
今以上に対応しないとの事。

裁判にも出席せず、その後再三の督促になんらかの申し入れもすることなく
家も車も自分名義ではなく逃げたままで社会的制裁を受けることがないようです。

結局、金も無く、無責任な奴は車に乗るな! 東大阪の〇〇!


http://sweet-mikan.blogspot.jp/2012/07/2012-717.html

2014 10/1 近況

数か月前から色んな予定をキャンセルさせていただいており、
各所にご迷惑をおかけしています。本当に申し訳ありません。

わつか市に四天王寺のお勉強会、そして朝日カルチャーの歴史と人間講座に、泰聖寺さん講談会も彦八祭もことごとくキャンセルです。

というのも8月に引き起こした【急性腎盂腎炎】の余波がまだ続いていて、実は完全に治ったわけではなく、体の中に爆弾をかかえた状態のおかげで、また一つ定期的に通わなければならない病院が増えたためです。

趣味を犠牲にすると近い将来にまぢで私の体が壊れてしまうことから
通院を最優先としたおかげで、お勉強会や落語・講談等、すべての予定を欠席としました。

仕事が早く終わった時にだけ通っている交通事故の後遺症完治のためのリハビリや、
隔週のクリニック通い、そして毎週土曜日のクリニックに毎週のマシントレーニングが入り毎日が大忙しです(;´Д`)

この生活は当分続くようで、早く元気になりたいものです。